第46回小倉記念 傾向中央競馬予想ブログ!競馬無料情報で投資競馬の単勝・注目馬を探す!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第46回小倉記念 傾向

第46回小倉記念 傾向

ハンデ戦という事で、今回は負担重量別の成績に注目してみました。
それぞれの負担重量を背負った馬が好走してはいるものの、51キロ以下の軽量だった馬だけは、これまでに16頭が出走し馬券に絡んだのはゼロとなっています。
また、最も好成績を残しているのは56.5キロ~57キロの斤量を背負った馬で、成績は(4・1・1・4)の連対率50%。
また3着内率も60%と、他の斤量を背負った馬に比べて圧倒的に高い数値をマークしています。
連対率の高さで続くのは57.5キロ以上のハンデを背負った馬で、成績は(1・2・0・7)の連対率30%となっており、このレースでは重量を背負った実績馬が好成績を残す傾向にあると言えそうです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。