2011年04月中央競馬予想ブログ!競馬無料情報で投資競馬の単勝・注目馬を探す!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第71回皐月賞

第71回皐月賞

いよいよクラシックが開幕となりますが、今年は震災の影響で中山競馬が中心となった事もあり、日程を1週繰り下げ東京競馬場の芝2000mコースで開催されます。
皐月賞で注目しているのはプレイ。
前走の弥生賞では、3番手を追走すると最後はしぶとい伸び脚を見せ勝馬と0.1秒差の2着に好走しています。
またこれまでの成績も(1・5・1・1)で、勝ち切る事は少ないものの安定した力が発揮できるタイプでここでも好勝負が期待できると考えています。
血統的にも魅力のある馬で、国際G1のドバイデューティフリーや宝塚記念、ジャパンカップとG1・3勝を飾ったアドマイヤムーンの半弟。
まだまだ成長が見込める時期だけに、強敵相手のここでも勝ち負けのチャンスは十分と見ています。

第71回桜花賞 傾向

第71回桜花賞 傾向

春のクラシック開幕を飾るG1の桜花賞。
過去10年における単勝オッズ別の成績を見ると、3倍未満のオッズをつけた馬は(4・2・0・0)とパーフェクト連対を果たしており、軸馬としての信頼度が非常に高くなっていました。
また、3~5倍のオッズだった馬も(2・1・2・4)と好成績で、3着内率55%をマークしています。
一方、100倍以上のオッズをつけた人気下位馬は一頭も3着以内に入っておらず、大穴狙いは難しく、それなりに人気を集めた馬が期待に応えるケースが多いとレースと言えそうです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。