2010年02月中央競馬予想ブログ!競馬無料情報で投資競馬の単勝・注目馬を探す!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第54回阪急杯 注目馬

第54回阪急杯 注目馬

今週は、阪急杯に出走予定のトライアンフマーチに注目しています。
昨年の皐月賞2着馬で、父にはダービー馬のスペシャルウィーク、母には桜花賞馬のキョウエイマーチを持つ良血馬です。
皐月賞後のクラシックロード3戦では、大きな崩れを見せましたが、あくまでも距離の長さが合わなかっただけ。
スピードが持ち味のこの馬にとっては中~短距離がベストで、一気に距離短縮を図ったキャピタルSでは豪快な差し切り勝ちを見せてくれました。
また、前走の東京新聞杯でも好位からラスト3F33秒4の上がりを使って2着に好走。
血統面や実績から、スピードの絶対値の高さは証明されているだけに、1400m戦のここは大きな期待が持てると思います。


第103回京都記念 傾向

第103回京都記念 傾向

このレースの傾向として、前走で1番人気に支持されていた馬が好成績を残しているという事が分かりました。
過去10年で、前走が1番人気だった馬は13頭。
その内の4頭が優勝、2頭が2着、1頭が3着と、半数以上の7頭が3着以内に入っています。
特に、前走で1番人気だった事に加え、この京都記念でも2番人気以内に支持された馬は、3勝2着1回で100%連対をマークしています。
ちなみに、前走で2番人気や3番人気だった馬は、3着内率25%前後の数値をマークしていますが、勝馬を一頭も出していないという気になる点がありました。


第50回きさらぎ賞 注目馬

第50回きさらぎ賞 注目馬

今週は、きさらぎ賞へ出走予定のインペリアルマーチに注目したいと思います。
父ネオユニヴァース、母キョウエイマーチの良血馬で、桜花賞馬の母同様、大きな馬体が目を引く一頭。
デビュー戦は548キロと余裕のある体だったものの、能力の違いを見せつけ2馬身半差の快勝を決めました。
仕上がるにつれ、抑え切れないほどのパワーを見せており、スタミナは十分過ぎるほど。
ひと叩きされた上積みも大きそうなので、キャリア1戦組が活躍した事のないこのレースでも警戒したいと考えています。

第44回小倉大賞典 傾向

第44回小倉大賞典 傾向

今年は中京競馬場で行われるこのレース。
データとしては、ここ10年の1・2月に行われた、4歳以上の芝1600mハンデ戦を参考に傾向を探ってみました。
特に注目してみた点は、負担重量別での成績です。
最も成績が良かったのは、56.5キロ以上の重ハンデを背負った馬で、連対率21%、3着内率も30%弱と安定した結果を残しています。
一方、50キロ~52キロの馬は連対率が8%、49キロ以下の馬も連対率6%と数値が低く、軽ハンデ馬よりも重い斤量を課せられた馬の方が優勢という傾向が見られました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。