2009年11月中央競馬予想ブログ!競馬無料情報で投資競馬の単勝・注目馬を探す!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第26回マイルCS 結果

第26回マイルCS 結果

22日(日)に京都競馬場で行われた第26回マイルCS。
結果は、1番人気の支持されたカンパニーが見事優勝し、天皇賞秋に続くG1・2勝目を飾りました。
この秋、最高の充実を見せていたカンパニー。
毎日王冠から3連勝、そして天皇賞秋で自身初のG1制覇。
そのままG1・2連勝で引退レースを飾りターフを去るという印象的な最後となりました。
また、2着に14番人気のマイネルファルケが入った事で波乱を演出した一戦となりました。

第45回福島記念 傾向

第45回福島記念 傾向

今週行われる福島記念で注目した傾向は、出走馬の前走です。
中でも、前走の条件別の成績に注目したところ、前走がJRAの重賞だった馬は(6・2・6・72)、前走がJRAの重賞以外だった馬は(4・8・4・54)という成績でした。
勝馬の数に関しては、重賞組の方がやや上回っていますが、3着内率で見ると重賞以外だった馬の方が上だという事が分かります。
このレースではハンデの影響等もあり、格上挑戦の馬でも十分活躍が期待できると言えそうです。

第45回京王杯2歳S 傾向

第45回京王杯2歳S 傾向

今回、注目した点は枠順です。
基本的には内枠有利な傾向があり、過去9年の1~4枠は(6・5・4・33)、5~8枠は(3・4・5・54)という成績になっています。
また、単勝オッズが20倍以上で複勝圏内に入った馬に関しても、(3・2・2・52)のうち、勝馬2頭、2着馬2頭、3着馬1頭は内枠の馬でした。
このように、人気薄の馬を狙う場合も、枠順は重要なチェックポイントとなってきそうです。

第14回武蔵野ステークス 傾向

第14回武蔵野ステークス 傾向

過去にこの武蔵野ステークスで活躍していた馬に注目してみると、過去9年間で複勝圏内に入った27頭のうち、大多数を占める24頭が前走でも5着以内に好走している事がわかった。
中でも前走で3着以内に入っていた馬は、武蔵野ステークスでも勝馬7頭、2着馬5頭、3着馬7頭を出す好成績を残している。
この事から、前走で大敗している馬の巻き返しは難しく、好調馬を選択することがこのレースでは得策と考える事ができる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。