2009年05月中央競馬予想ブログ!競馬無料情報で投資競馬の単勝・注目馬を探す!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第76回日本ダービー 候補馬

第76回日本ダービーがいよいよ明日行われます!
予想をしておりましたが最終的な決断はパドックを見てからにしたいと思います。
現時点での候補馬は以下の通りです。

1-①ロジユニヴァース
1-②アプレザンレーヴ
2-④ トップカミング
6-⑪セイウンワンダー
8-⑱アンライバルド

第70回優駿牝馬オークス 結果

第70回優駿牝馬(オークス)が行われました。
圧倒的支持を受けた人気馬ブエナビスタが差し切りV。
2着レッドディザイアを猛追の末に鼻差で交わしての勝利となりました。
勝ちタイムは2分26秒1(良)。
さらに3着は3馬身差でジェルミナルが入り、上位3着は桜花賞と同じ結果に終わりました。
これでブエナビスタは2003年のスティルインラブ以来、6年ぶりの牝馬クラシック2冠制覇を成し遂げた事になります。
次に目指すは世界の大舞台、凱旋門賞です。

第4回ヴィクトリアマイル ウオッカ圧勝!

第4回ヴィクトリアマイルが今日、東京競馬場で行われた。
結果は、1番人気のウオッカ(武豊騎手)が後続を大きく突き放し圧勝した。
勝ちタイムは1分32秒4(良)。
GⅠ5勝目となった。

道中6番手につけ直線入り口で勝負にでたウオッカ。
その後はぐんぐんスピードを上げ、余裕さえ感じる走りで後続を引き離す。
2着の11番人気ブラボーデイジーに7馬身差をつけてのゴール。
圧倒的な強さを見せてくれた。
3着は7番人気ショウナンラノビアとなった。

これでウオッカは、メジロドーベルと並ぶJRA牝馬最多GⅠ5勝目となり、4シーズン連続でのJRA・GⅠ制覇の快挙を遂げた。

アプレザンレーヴ、内田騎手とのコンビでダービーへ

ダービートライアル第16回青葉賞を勝利し、第76回日本ダービーへの出走権を得たアプレザンレーヴは引き続き内田博幸騎手とのコンビで本番に挑むことが決まった。
アプレザンレーヴは前走、青葉賞で重賞初制覇。
父シンボリクリスエスに続く青葉賞父子制覇を達成していた。
またアプレザンレーヴを管理する栗東・池江郎厩舎は今週、京都新聞杯にロードロックスター、プリンシパルステークスにヤマニンウイスカーがそれぞれ待機。
日本ダービーに3頭出しを目指す。

第139回天皇賞(春)予想

古馬王道GIのひとつ第139回天皇賞(春)
本命はアサクサキングス。
2007年、日本ダービーではウオッカの2着。
この時は14番人気と低評価だった。
その後菊花賞を勝利しダービーがフロックでなかったことを証明する。
昨年は未勝利に終わったが今年に入りGII連勝と完全復活。
不調だった昨年も春の天皇賞では3着と京都コースは菊花賞・きさらぎ賞・京都記念と重賞3勝を含めて着外なしの得意舞台。
今年は主役の立場で堂々GI勝利を飾る。
相手はスクリーンヒーロー。
前走は阪神大賞典4着。
休み明け・初の59キロ・重馬場を克服しての結果で収穫の多い敗戦であった。
休み明けを叩いて本領発揮。
他では前走で待望の重賞制覇を決めたアルナスライン、3連勝中の上がり馬ゼンノグッドウッド。

◎アサクサキングス
○スクリーンヒーロー
▲アルナスライン
△ゼンノグッドウッド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。